忍者ブログ

Blog@EASLI

NPO法人江戸川手話通訳者協会 公式ブログ(カテゴリーより記事をお探しください)

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メルマガ@EASLI vol.72

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

┏━━━┓メルマガ@EASLI
┃\_/┃ <NPO法人江戸川手話通訳者協会メールマガジン>
┗━━━┛http://edoshuwa.nobody.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/2013.11.24.vol.72


===========
☆★よっぱの豆知識★☆
===========

このたび「国連障害者権利条約」が日本でもようやく批准(ひじゅん)される
見通しとなりました。「手話は言語である」と定義され話題になった条約ですが
障害者への差別を無くし、社会参加を促すことを目的としており、現時点では
138の国などが批准しています。

日本政府も2007年に署名をしましたが、障害者団体などから「形だけの批准と
なる恐れがある」という声が上がり、批准は見送られていました。
そしてこのたび国内法が整備されたということで、ようやく批准の運びとなった
ようです。

署名はしたけれど、批准はしていない…。
いったい批准って何なのでしょうか?

簡単にいうと「この条約、国として締結しちゃうからね!」という最終的な
国家の意思確認だそうです。

日本の条約締結は、以下の流れが一般的だそうです。
①全権委員による外交交渉
②合意内容の成文化
③署名(調印)
④批准
⑤批准書の交換または寄託
⑥国際連合事務局による登録

つまり日本は今のところ③までは終わっており、その次のステップとして
④の「批准」があり、⑤が終わった時点で条約が効力を持つのだそうです。

条約締結で日本の社会はどう変わるでしょうか?楽しみですね。


_________________________________


★インデックス

◆よっぱの豆知識 「批准」とは?
◆チャレンジTHE手話
◆りープチ(理事長りーくんのプチコラム)
◆EASLIはDPHHHを応援しています
◆アマゾンでお買い物をする時は…
◆手話ステーション
◆教えて、りーくん先生!(おしりー)


===============
☆★チャレンジ THE手話★☆
===============

1回ごとの講座です。お気軽にお申込みください。

≪バリバリ2時間≫
●『かおるの部屋』
講師:越川かおる(当協会所属、手話通訳士)
日時:2013年11月30日(土)/12月7日(土)/12月21日(土)14:00~16:00
地域登録手話通訳選考対策を行ないます。今年度受験される人はもちろん、
既に活動している方の基礎固めにもどうぞ。

≪翻訳入門≫
●『りーくんの部屋』
講師:安保理一(当協会理事長、手話通訳士)
日時:2013年12月5日(木)19:00~20:30
ろう者の手話を見て、単語と文法を丁寧に日本語で解説します。
見落としていた単語が見えるようになります!
初心者の単語はだいたい覚えたけど、ろう者の手話の読み取りが苦手な方、
お待ちしています♪

≪平日昼間≫
●『よっぱの部屋』
講師:飯塚佳代(当協会所属、手話通訳士)
日時:2013年12月19日(木)13:15~14:45
中上級レベルを対象に開催します。表現・読取、基礎知識や通訳のコツ、
トレーニング方法などお教えします。

<共通情報>
場所:当協会事務所(江戸川区松島1-27-15-102)
費用:1.5時間の部屋1,000円/2時間の部屋1,500円。当日集金します。
申込:先着順です。参加者名/部屋の名前/日時/返信先(メールなど)/
   緊急連絡先を明記の上、下記までお申込みください。

メール:challenge@easli.net
FAX:050-3488-4163
TEL:03-5879-3564(平日9:00~17:00)

↓ネットで簡単お申込み↓
http://ws.formzu.net/fgen/S33979964/


【チャレ手話メールについてのお知らせ】

チャレ手話メールメンバー募集中です!!
各部屋の新しい情報や空席状況等をメールでお知らせいたします。
ご登録希望の方は【お知らせメール希望】【受信先アドレス】をご記入の上
お申込み下さい。challenge@easli.net



理事長りーくんのプチコラム
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

通訳現場に必ず持っていくものといえば、20年前はハンディサイズの国語辞書
でした。それからしばらくして電子辞書。数年前からはスマートフォンや
タブレット端末を持参しています。いずれも通訳現場で分からない言葉に遭遇
したとき、すぐに調べるためで通訳者には手放せないアイテムです。

スマートフォンはとても便利で、インターネットで専門用語の検索もすぐに
できます。また、PDFにされた通訳資料を確認したり、通訳現場までの交通機関
の経路検索、地図、現場までのナビもこれ一台で事足ります。
このように、通訳者から重宝されているスマートフォンやタブレット端末ですが
これからの手話通訳のスタイルを大きく変える可能性を秘めています。

これまで手話通訳は現場まで赴いて聴覚障がい者と対面して通訳することが
当たり前でしたが、タブレット端末の画面を通じて手話通訳のサービスを
提供する企業も出てきました。これからは、手話通訳者は自宅で家事をしながら
待機し、必要に応じてパソコンの画面に向かって手話通訳をするというスタイル
になっていくのでしょうか。

現在は、便利だからと手話通訳者が持ち歩いているスマートフォンやタブレット
端末ですが、そう遠くない将来は、聴覚障がい者や公共機関がタブレット端末で
手話通訳を持ち歩く時代が当たり前になると予想します。

そのとき、その画面の中で手話通訳しているのは生身の人間か!?
それとも、あらゆる手話単語とNMMなどの文法が登録されたアニメーション
だったりして!?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



=================
☆★DPHHHをご存知ですか?★☆
=================

DPHHHとは、DPHHin平井のことで、簡単に言うと、
“平井で楽しく飲みながら手話で交流しましょ”ということです。

毎月第4木曜の夜にJR総武線平井駅から徒歩2分の
cafe&bar TIME AFTER TIME で開催しています。

バーなので、お飲み物やお食事は各自精算です。
いつ来ても、いつ帰っても、自由です。
申込みも不要ですので、お気軽にお越しください。

第51回:2013年11月28日(木)19:00ごろ~
第52回:2013年12月26日(木)19:00ごろ~

場所:TIME AFTER TIME(タイム・アフター・タイム)
  江戸川区平井5-16-6(平井駅北口徒歩2分ロータリーの先)

~EASLIはDPHHHを応援しています~
http://ameblo.jp/dphhh/



==================
☆★アマゾンでお買い物をする時は★☆
==================

アマゾンでお買い物をする際、ぜひ当協会のサイト経由でご注文ください。
下記URLより、アマゾンの検索バナーに入力(クリックだけでもOK)し、
お買い物をしていただくと、お支払い金額の約3%が当協会へ入る仕組み
(アフィリエイト)になっています。
(※お買い物の途中で別サイトを閲覧した際は、もう1度当協会のサイトから
入り直してください)

会の運営費として大切に使わせていただきます。
ご協力、どうぞよろしくお願いします!

http://edoshuwa.nobody.jp/



当協会監修
=======================
☆★ケータイ手話辞書『手話ステーション』★☆
=======================

使わないから忘れてしまう手話、といえば「国名」ですね。
そんなときには「手話ステーション」。
現在100近い国名がアップされています。

手話ステーションは、データが軽く画像(アニメーション)の取込みが早いのが
特徴です。常時無料ページもありますので、まずはお気軽にアクセスを!
(会員登録をしなければ課金されることはありません)

 ケータイ版はこちら
 http://mobile.mdi.cc

 PC版はこちら
 http://station.mdi.cc/PC/

今月の注目単語、新語やイベント情報、手話検定のトレーニングサイトなど、
コンテンツが充実しています。
http://sites.google.com/site/syuwastation/

スマートフォンの方は、PC版または、辞書機能のDLがおすすめです。

Androidの方
http://androider.jp/a/86ad78734ec74741/

iPhoneの方
http://www.applefan2.com/14823

ケータイ・PCでの閲覧は、月額315円です。



教えて りーくん先生!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<質問>

12月から試験対策を始めようと思います。通勤中など日々の生活の中で、
簡単に(機材など無くても)できるトレーニングがあったら教えてください。


<りーくん先生>

電車内でできる2つの方法をご紹介します。
(1)吊り革広告の文を手話翻訳
ドア上にある広告のコラムや週刊誌の見出しを頭の中で手話に組み立ててみます。
先週のananの見出しは「夢はゼッタイ叶う」でしたが、「夢+成功+大丈夫」
かな?とか、「夢+必ず+将来+成功+来る」かな?と電車に揺られながら
頭の中で考えてみる。

(2)周囲をよく観察する。
ろう者と同じものを見ていても、見ている所が違うと感じたことはありませんか?
ろう者は視覚から情報を得ようとするので、聴者よりも観察力に長けています。
以前、「選挙に当選した」ということをあるろう者は「花+つける」と表現して
いました。テレビでおなじみの光景ですが、いざ手話で表そうと思うと聴者は

なかなかその発想がない。
説明的にではなく、視覚的に伝わる手話ができるようになるために見慣れた

通勤中の景色を改めてじっくり観察してみましょう。

12月からと言わず、今すぐ始めましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆配信先変更/配信停止/お問い合わせ

メールマガジンの配信先変更/配信停止/お問い合わせなどはこちらまで。
mlmaga@easli.net
このメルマガに直接返信されても結構です。

※ひと月1回の配信を予定しておりますが、記載内容等により、
不定期配信となる場合もありますことをご了承ください。

※手話通訳者派遣に関するご相談は下記アドレスまでお願いします。
edo289@easli.net

※取得した個人情報は個人情報保護法に則りその目的以外には使用致しません。
又、適正に管理し個人情報を保護致します。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メルマガ@EASLI
<NPO法人江戸川手話通訳者協会メールマガジン>
NPO法人江戸川手話通訳者協会広報部発行
http://edoshuwa.nobody.jp/
mlmaga@easli.net

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(C)Copyright 2008 EASLI,All rights reserved.

PR

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- Blog@EASLI --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]